気になる歯科治療の費用 > 妊婦と歯科治療について

妊婦と歯科治療について

妊婦

妊娠すると風邪をひいても薬の服用に気をつけたり、胎児に悪影響を与える可能性のある食材を避けるなどの配慮が必要になってきます。
歯科治療を受けるときにも胎児への影響を懸念して、歯科に行くのをためらう妊婦さんもいます。
しかし、基本的に一部の治療を除いて、大半の歯科治療はお腹の赤ちゃんに影響を与えることがないため、それほど神経質にならなくても大丈夫です。

昔から「子を産めば歯を失う」と言われているように妊娠中は、つわりなどの体調不良により口内のケアが通常よりも怠っていることが多かったり、唾液分泌の減少で虫歯や歯周病などの歯の病気にかかりやすい時期です。
そのため、妊婦こそ歯科治療は積極的に行う方がよいです。
出産後は新生児のお世話で自分の睡眠時間も確保できない期間が続きますので、歯科医院へ通院する時間的な余裕がないことが多いです。
そのため、妊娠中に虫歯や歯周病を完治させておくのが好ましいです。
また、妊婦が歯周病にかかった場合に、歯周病による毒素が胎児に影響を与えて、低体重児が生まれたりする可能性があるといわれています。
これは、歯周病の毒素の成分に子宮収縮作用があるホルモンに似た働きをするのが原因だといわれています。
子宮収縮作用によって早産になり、低体重児の赤ちゃんが生まれやすくなります。
赤ちゃんの歯は、母親が摂取したカルシウムが消化されて血液中に含まれます。
その血液から赤ちゃんの歯や骨を作りだしますので、歯科治療だけでなくカルシウムも通常よりも多く摂取できるような食生活をすることも大事です。

妊娠中の歯科治療で注意が必要なのは、親知らずの抜歯などです。
親知らずの抜歯では、通常の虫歯の抜歯よりも炎症が長引きやすく抗生物質を長期間服用することが多いためです。
逆に歯を削って詰め物をする通常の虫歯治療や歯周病、歯のクリーニングやフッ素塗布などの予防のための歯科治療などは妊娠中でも問題がありません。

妊娠中に歯科治療を受けるときには、つわりがある妊娠初期や診察台に乗るのがつらくなる妊娠後期はさけて、安定期の頃に行うのがベストです。
また、歯科治療を受ける前に、妊娠していることや妊娠週数などの情報を医師に伝えておくことが大事です。
妊婦さんが歯科治療で懸念するのが、歯のレントゲン撮影や麻酔です。
しかし、歯のレントゲン撮影は、歯の部分的なもののため、通常のレントゲン撮影に比べるとほとんど胎児の健康を心配するほどのレベルではありませんし、撮影時には腹部を鉛のエプロンで保護しますので、影響はゼロに近いです。
また、歯科治療で使用する麻酔も、無痛分娩で使用する麻酔と同じであるため、それほど心配することもないです。