気になる歯科治療の費用 > 入れ歯とインプラントなら総合的にどちらが安い?

入れ歯とインプラントなら総合的にどちらが安い?

どちらにするか悩んでいる女性

歯を失うと食べ物などを噛むことができなくなり、会話も発音がうまくできないことになります。
歯の治療方法として一般的な入れ歯による治療と、インプラント治療があります。
それぞれ費用と見た目などの特徴があり総合的にみて判断をする必要もあります。

費用面では治療期間も短くなる入れ歯のほうが安いということになります。
入れ歯は歯茎の上から形をつくって周りの歯に金具などで取り付けるという方法なのです。
インプラントは顎の骨に器具を埋め込むという方法のため、手術をして器具が顎の骨としっかり結合するまで時間がかかることになります。

入れ歯の場合は、歯茎に取り付けるのですが取り外しができるようにするため、会話や食事の時に動いてしまったり外れてしまうなど違和感があり、噛み合わせがよくないといったことにもなります。
食べ物が入れ歯との間に挟まってしまうこともあり、悪化してしまうと知覚過敏などの症状になってしまうこともあるのです。

インプラントは顎の骨に器具を埋め込み、その器具を土台として人工の歯を取り付けるという方法です。
骨にしっかりと固定することができるということと、天然の歯に近い治療方法なので食べ物も自然に噛むことができるということと、固いものを噛むことができるようになるメリットがあります。

会話の際も入れ歯では違和感や会話中に外れてしまうなどうまく話せないということもありますが、インプラントにはそのようなことはありません。
自然に会話を行うことができるようになります。
インプラントは審美的な治療を同時に行うことができるメリットもあり、歯並びが悪い、出っ歯などの審美的に治療を行うことができるようになります。
歯並びをきれいにすることで自分からすすんで会話をすることができるようになります。

一時的な治療にかかる費用を考えるとやはり入れ歯のほうが安いということにはなります。
しかし入れ歯にすることでこれまで噛めていた固いものが噛めなくなる、違和感があるため会話にも影響が出てしまう、取り外して洗浄をするなどの手間も掛かってしまうことになります。
インプラントは一度治療をしてしまうと、メンテナンスをきちんと行えば一生使うことができます。
固いものを噛むことができ、発音など会話も気にならず、歯並びもきれいにすることができるというメリットがあります。
これらインプラントのメリットから総合的に考えた場合安いということも言えるのです。