気になる歯科治療の費用 > インビザラインとワイヤーの矯正を価格から選ぶ

インビザラインとワイヤーの矯正を価格から選ぶ

マウスピース

歯並びが良くない人は顎関節症などの病気にもかかりやすく、見た目以外にも様々な問題が発生します。
そのため、歯列矯正はなるべく早期に行うことが望ましいのですが、従来のワイヤーを使った矯正は、外見が気になるためにためらっているという人も多いのではないでしょうか。

現在、矯正歯科ではワイヤーを使用する歯列矯正のほかに、マウスピースを使った矯正方法も登場しています。
その一つがインビザラインです。
マウスピース矯正というのは、通常のワイヤー矯正とは異なり、矯正器具が透明な素材で作られているために、あまり目立たないのが特徴となっています。
また、自由に取り外しが出来るため、接客業など人目を気にする仕事についている場合にも適しています。

マウスピース矯正は、歯並びの変化に合わせて、段階的に異なる形のマウスピースを装着することで歯を矯正していく方法です。
そのため、歯や歯茎への負担もワイヤー矯正と比較して減らすことが出来ます。
気になるのは価格の点ですが、歯列矯正用のマウスピースはいくつかのメーカーが製造しています。

インビザライン以外では、クリアアライナーなどがよく知られていますが、インビザラインはアメリカの会社が作っている製品、クリアアライナーは韓国の会社が作っている製品になります。
この他に、日本のメーカーが製造している製品もあります。

インビザラインが他社の製品と異なるのは、歯型を取るのが最初の一回だけで済むという点です。
その後はデジタルデータを利用してマウスピースを作製していくため、通院回数が減らせるほか、治療期間も最初の検査時点で把握することが出来ます。

インビザラインの価格は、歯並びの状態によっても異なりますが、およそ30万円から80万円ほどになります。
歯並びが極端に悪い場合は、それよりも少し値段が高くなり、およそ100万円ほどかかります。
そのほかに、初期の検査費用と治療計画の作成のために4万円ほどの費用がかかります。
また、処置費用として通院時に5000円くらいの料金が発生します。

一方のワイヤー矯正の費用は、表側矯正か裏側矯正かによっても異なります。
表側矯正の場合、おおよその相場としては60万円から70万円ほどになります。
裏側矯正のほうが費用が高く、100万円以上かかるケースもあります。
初期にかかる検査費用や治療計画の作成費用、通院時の処置費用などはマウスピース矯正の場合とほぼ変わりません。

このように、費用の点で比較してもインビザラインのほうがワイヤー矯正よりも若干安くなっています。
また、インビザラインは検査の精度や製品としての品質が高く、正確さの点でも優れています。
矯正歯科では、どういった矯正方法が最適かを判断してもらうことが出来るので、まずはカウンセリングを受けてみると良いでしょう。